ホーム > サービス内容 > マニキュアコート

マニキュアコート

マニキュアコートとは

主成分は、一般的にフッ素加工と言われている成分と同様、ポリテトラフルオロチレン(PTFE)です。

このPTFEを熱処理することなく、磁石や電機のプラス極とマイナス極がお互いに引き合い、強固に装着する性質を利用してボディに被膜をつくる工法です。

マニキュアコートメカニズム

ステップ1(ケミカル)でポーラスに入りこんだ汚れをおとし、塗装表面をプレーンな状態にします。
※ポーラス・・・塗装表面から溶剤が揮発した痕(微細孔)


この時、表面、ポーラスの汚れが落ちるだけでなく、塗装表面がステップ1によってプラス極に変化します。


次に強いマイナス極性を持ったステップ2(ケミカル)を使用します。このステップ2にPTFE成分が入っており、塗装表面を強固に接着し被います。


これにより長時間にわたる塗装表面の保護、つやの維持、強度を保つことが可能となり、酸化防止になります。

マニキュアコート施工例

施工前
Before
施工後
After

このページの先頭へ